職場を動かす
組織のパフォーマンスの根源にあるのは、組織を構成するメンバー一人ひとりの行動であり、メンバー間の相互の関わり合いです。だとすれば、組織のリーダーとして、メンバーから望ましい行動を引き出していくために、何をすればよいのでしょうか?

本ウェビナーでは、職場における個人の行動の様々な側面を理解するための枠組みを検討した上で、リーダーはどのように部下と関わり、職場を構築していくべきなのか、について考えます。さらに、人々の働き方やテクノロジーの変化がどのように人々の働き方に影響を及ぼすのか、また、そうした変化の良い面を活かし、副作用を押さえるためにリーダーはどのように対処すべきか、についてディスカッションを行います。
 10月1日(木)
19:00 〜 20:30
大学院大学至善館
吉川克彦教授

体験授業 (online)
メンバーのアクションを促すためにリーダーは何を
すればよいのか?
講師について
専門分野は国際経営、人的資源管理、組織行動論。京都大学にて経済学学士、英国ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスにて経営学修士および博士号を取得。

リクルートにて日本企業に対する組織・人材のマネジメントに関するコンサルティングに従事した後、大学での研究・教育に転身。

中国の上海交通大学の安泰経済与管理学院にて助理教授を務めた後、現職。

早稲田大学グローバル・ストラテジック・リーダーシップ研究所招聘研究員、スタートアップ企業2社のアドバイザー。
  吉川克彦(至善館准教授・副学長)
19:00 - 19:05 
個人的なQ&A、講師の紹介

19:05 - 20:05 
吉川克彦教授 「リーダーは職場で、どのように人々の行動を形成させるか」とQ&A

20:05 - 20:20 
大学院大学至善館プログラムの紹介

20:20 - 20:30 
Q&A
ウェビナーのスケジュール
大学院大学至善館
大学院大学至善館は、東京の日本橋にキャンパスを構える、2018年に開校したビジネススクールです。

人間性と社会性を兼ね備え、イノベーションと変革を牽引する経営リーダーを輩出する、独自の全人格経営リーダーシップ教育機関です。
2年間のMBAプログラム(パートタイム)を提供しており、授業は平日夜間及び週末に開催されます。 

毎年8月20日に開講するカリキュラムでは、英語と日本語のクラスで計80人を定員として受け入れています。

国内外から優秀な人材を受け入れるため、学生ビザ支援と奨学金(授業料減免)制度も用意しています。

至善館は経営大学院であり、ビジネスセクターからの学生(将来企業や事業の経営を担わんとする人材や、ビジネス起業を志す人材)を主対象としてはいますが、同時に、ビジネスセクターにとどまらず、国際機関、国や地方自治体などのパブリックセクター、さらにはNGOやNPO、ソーシャルエンタープライズ(社会企業)といったソーシャルセクターからの学生も広く受け入れています。

至善館の経営修士プログラムでは、変革と創造を牽引できる経営プロフェッショナルとしてのスキルを持ちながら、人間性と社会性を兼ね備えた全人格リーダーへの成長を支援すべく、ヒューマニティの尊重を基軸に、独自の教育哲学とアプローチによって設計されています。

 10月1日(木)
19:00 〜 20:30
人と組織のマネジメントの体験授業 (online) 
大学院大学至善館のイベントページ

10月28日(水)19:00 - 20:30
VUCAの時代を生き抜く必須の力「システム思考」入門
枝廣 淳子教授の体験授業

オンライン説明会
English/日本語
東京都中央区日本橋2-5-1
日本橋高島屋三井ビルディング17階
Tel 03-6281-9011 Fax 03-6281-9013
E-mail: shizenkan@shizenkan.ac.jp